土壌水分計 CS616

特徴

土壌水分計 CS616

本センサーは TDR (Time Domain Refrectometry) の原理を応用したセンサーです。センサー基部にあるエポキシで覆われた回路機器から発振する電磁波が、ステンレスロッドの先端から反射して帰還すると次の発振を行います。その発振間隔を測定し、その時間 (msec)に補正式を与えて土壌水分を求めるセンサーです。土壌中の有機物や粘土質は精度に大きく影響します。電源コントロールや補正を考慮しますと、キャンベル社製のデータロガーの使用を推奨します。また、土壌が硬い場合はオプションでガイド(CS650G)があります。


仕様

寸法 エポキシモールド基板部分:78mm×57mm×15.5mm
ステンレスロッド:(3.2mmφ) L=30cm
ロッド間隔 29mm
重量 本体(ケーブル別):270g
ケーブル:35g/1m
電源 12VDC (5V~18VDC)
消費電流 65mA (測定中)
適応土壌 EC 値(土壌溶液):0~5dsm
精度 ±2.5%(EC0.5dSm 以下、0-50%VWC、Bulk Density 1.55gcm3 以下)
出荷時指定 ケーブル長:標準 5m (10m、15m も選択可能 ※出荷時指定)
例: CS616(型名) - L5(ケーブル長)
オプション ロッド挿入ガイドツール CS650G

製品カタログPDFダウンロード

Adobe Readerこちらのファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードしてご利用ください。


Copyright © Fieldpro, Inc. All Rights Reserved.