太陽光発電の需要に伴い導入を検討するなら発電計測も必要

太陽光発電の需要に伴い導入を検討するなら発電計測も必要

太陽光発電の需要に伴い導入を検討するなら発電計測も必要


太陽光発電の需要が伸び続けている



自然エネルギーの太陽を使って電池を貯める太陽光発電というものがあります。地球に優しい暮らしを目指す家庭や企業などで導入されるようになりました。今もまだ広く普及し続けているわけですが、なぜ太陽光発電の需要が伸びているのか、気になるところです。

日本はエネルギー資源を海外から輸入していますが、自然エネルギーなら無限に作り出すことができます。一般的に知られているのは一戸建ての屋根に太陽電池を置いている光景です。あのパネルに太陽光が降り注いで電気を貯めるわけですが、あのパネルだけでは電気を貯めることができません。太陽光発電を導入する方の多くは、自分の家で使う電気を貯めるため、さらには売電することを目的にしています。このとき必要なのがパネルだけではなく発電計測も一緒に導入しなければいけません。これからますます太陽光発電の導入が広まっていきますから、まだ導入していないという方は発電計測に関する情報もインプットしておくといいでしょう。

電力モニターを見れば今現在、どれだけの電気を使っているのかという使用量や、どれだけ発電しているのかという数値が目に見えて分かります。リアルタイムで確認できるので、発電計測によってシステムを見える化させている、というと分かりやすいでしょうか。屋根の上のパネルに電気が貯まり、そこで作られた電機は交換電流に変換をする、その後に分電盤を使って各部屋に電気を送る、これが太陽光発電の大まかな仕組みとなっています。



太陽光発電のメリット



導入の需要が伸びている今、これから導入する前に、まずはメリットを確認しておきましょう。地球に優しい暮らしができる以外にも、どんなメリットがあるのでしょうか。まず一番分かりやすいのは電気代が安くなるということです。これまで払ってきた電気代は電力会社から電気を買っていました。ところがオール電化を導入すれば自分の家で発電した電気を使うことになるので、その分の電気代がお得になります。

パネルを屋根に設置することで、実はパネル下の部屋に大きなメリットが生まれます。例えば夏、太陽の光が直接屋根に当たると、それだけ部屋の中に熱がこもりやすくなります。ところがパネルがその熱を吸収してくれるため、部屋は涼しくなるのです。冬はパネルの放射冷却を抑えることができるので、それだけ部屋の温度が下がりにくくなります。電気をお得に使えるのは蓄電された電気を使うことだけではなく、こういった環境の変化によってメリットが生まれることも理由のひとつになっています。

それから突然やってくる自然災害。停電が起きたときに、蓄電された電気を使ってラジオを聴いたり、携帯電話やスマホの充電をしたり、料理を作ったりなど、緊急事態に備えることができます。災害は忘れたころに突然やってきますから、緊急事態に備えて導入する方も少なくありません。

それから日本では公的支援制度も整っています。固定価格買取制度といって、自然エネルギーを利用してできた電気を電気業者が国が定めた金額で買取をしてくれるという制度です。接続する電力会社によって出力制御対応機器の設置義務の有無に違いがあります。例えば東京電力、中部電力、関西電力は設置義務がありません。北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力は設置義務があります。また、それぞれに買い取り価格も若干違いが生じています。



太陽光発電の導入事例



どんな場面で導入されているのか、これは事例を見ることで確認することができます。例えば一般家庭の場合、住宅用の設置事例が参考になります。新築の一戸建てだけでなく、中古を購入したときでも設置できるのはメリットではないでしょうか。また、通常は屋根にパネルを設置するのが一般的ですが、ほかにも、例えばアパートやマンションのベランダ、もちろん戸建てのベランダにも設置できるタイプのパネルがあります。例えば庭の空いているスペースに置くことも可能です。

一般家庭以外には、産業用の導入も可能です。企業によっては空き地が多いだけでなく、例えば屋根の面積もとても広いため、そこを有効活用しているところが増えてきました。例えば例を挙げると、設置容量が50kwのところもあれば、敷地や屋根面積が広いと500kwもの設置容量を確保できるところもあります。それから災害時に対応してくれるサービスステーションなどもあるので、一般家庭のみならず地域のインフラとして導入されるようになりました。需要が伸びているわけは、ここにもあります。

施工バリエーションが豊富なので、例えば折板屋根の場合は、ハゼ式折板屋根や重ね式折板屋根があります。広い敷地やビル、工場などの陸屋根に設置するタイプは、設置する部分に傾斜はないことが条件となります。もしも傾斜がある場合は、傾斜にあったタイプのパネルを設置することになります。






次の記事へ


Copyright © 2015 Fieldpro, Inc. All Rights Reserved.