日射量の計算の仕方について

日射量の計算の仕方について

日射量の計算の仕方について

日射量について



日射量とは簡単に言えば太陽から受ける放射エネルギーの量のことです。今では計測する機会は業者だけでなく個人においても計測している人もいます。例えば太陽光発電システムの普及による事例です。太陽光発電システムにおいては周知されているので、知らない人は少ないでしょう。家庭用のものから産業用のものまで幅広く扱っているところが多く、ご家庭や個人事業主、法人の中には既に導入をしている人もいるでしょう。このような方は日射量を普段から気にして電力を発電している人もいます。基本的に太陽光発電システムは主に太陽エネルギーを電力に変換する装置になります。そのため、当然ではありますが太陽からのエネルギーが大きければ大きいほど、発電できる電力を増やせる可能性が高くなります。逆に太陽の光が当たらない場所に設置しても多くの電力を得られません。特に産業用のシステムを導入している人は売電ができるので、効率的に利益を出すためになるべく太陽の光が多い場所に設置をしたいと考えるのが一般的です。

そのため、あらかじめ計測をして設置場所を決めるのに役立てています。太陽光発電は新エネルギーとして知られており、今後も普及し続けるため、これから導入を検討している人も多いのではないでしょうか。もし、設置を検討している人は日射と発電の関係は深いので、日射量の計算方法を知りたいと思われている人もいるでしょう。基本的に日射量には様々な種類があり、それぞれの種類で計算方法が異なります。



日射量の計算の仕方



例えば全天日射量はGlobaltotで表されます。基本的に計算方法としては直達、散乱の両者、DirtotとDiftotの合計で算出することができます。つまり計算式はGlobaltot=Dirtot+Diftotになります。まずGlobaltotを算出するためにはまず、直達と散乱のDirtotを算出しなければなりません。例えば直達はDirtot=ΣDirθ,aという計算方法で算出することができます。また、散乱はDifθ,α=Rglb*Pdif *Dur*SkyGapθ,α*Weightθ,α*cos(AngInθ,α)という計算方法で算出することができます。この計算式を細かく説明すると、Rglbに関しては全天標準日射量のことです。次にPdifはRglbの内、散乱する比率を示しています。例えばこの比率はある程度数値が決まっており、通常、一点の曇もない晴天の時は約0.2という数値になります。一方で曇った天候であればその比率は0.7になります。そのため、この数値からも想像できるように天候が悪くなればなるほどRdifの数値は上昇すると考えることができます。Durは解析時間の間隔を表すものです。SkyGapθ,αは空の可視領域の範囲になります。

また、Weightθ,αは散乱日射のすべてのセクターに対する比率、AngInθ,αは天空セクターの重心と入射面との間にできる入射角になります。このように様々な要素が計算式には含まれており、実際に何も装置を使用しないで計算をすることは難しいです。また、このような難しい計算をしなければなりませんから、手間がかかると思われる人もいるのではないでしょうか。



簡単に計測するためには



今では日射量を計測できる装置があり、それを使用すれば簡単に計算をすることができます。販売している店舗やサイトはたくさんあり、中でも気象観測装置を扱っているところがあります。このような装置を導入すれば基本的にこのような計算式を覚えなくても済むため理系が得意でない人でも太陽光発電システムを導入する際に日射量を計測して設置場所を決めることができます。通常、このような装置は日射計と呼ばれます。日射計にもたくさんの種類があり、それぞれの製品で特徴などが異なります。例えば日射計の中には二重ガラスドームによって安定した計測をすることができる製品もあります。さらに高精度、高感度を実現するための機能が搭載されいているので、そのような日射計を導入すれば数値への信頼ができると思われる人もいるのではないでしょうか。

もし導入を検討している方は気に入った日射計が既にあるのであれば業者に連絡をして相談をされてみてはいかがでしょうか。サイトなどにはお問い合わせフォーム等が設置されているので、お問い合わせフォームを利用して疑問などに対して相談に乗ってもらうことができます。また、サイトで販売や注文を受け付けてくれるところの中には幅広い商品を紹介しているので、自分の使用する条件に合った日射計を見つけることができるのではないでしょうか。

また、商品の中には太陽光発電に向いている製品もあるので、基本的に太陽光発電システムのために導入をする人はそのような製品を選択します。販売業者の中には電話での問い合わせも受け付けてくれるので営業時間内であれば電話での相談が可能です。



次の記事へ


Copyright © 2015 Fieldpro, Inc. All Rights Reserved.