Pt100タイプの温度センサーで正確な情報を集める

Pt100タイプの温度センサーで正確な情報を集める

Pt100タイプの温度センサーで正確な情報を集める


幅広い分野で活躍



工業施設で使われている様々な機械の中には、作業中に温度が上昇するものもあり、想定よりも高い温度が出るなど、なんらかの異常が発生することがあります。そうしたトラブルを事前に防ぐためには、常に機械の温度を確認できるよう、専用の温度センサーなどを使う必要があり、様々なメーカーが独自の製品を販売しています。温度センサーを使用する場所は、劣悪な環境になっていることも多いので、より耐久性に優れ、なおかつ正確に温度を測ることができる、様々な場面で活躍できるものを探してみましょう。

温度センサーは様々な形で使われています。作業機械の表面温度をチェックすることもあれば、水温や地温を検査して、地中に何らかの変化が起きていないか確認したりと、工業施設の管理以外にも、周辺環境の調査などにも使われています。当然使う環境によっては、製品ごとの向き不向きが調査結果に影響することがあるので、きちんと利用する目的に合わせて、適切なスペックの製品を使うことができるようにしましょう。具体的なスペックは各メーカーの公式サイトで発表されているか、詳細スペックが掲載されているパンフレットなどの資料を請求できるはずなので、複数のメーカーの製品を調査し、よりふさわしいと思えるものを導入しましょう。

温度センサーは使用目的が非常に豊富なため、製品のバリエーションも豊富です。耐寒性や耐水性に優れたケーブルを使っているものや、Pt100とJPt100といった抵抗値の違い、対応できる温度範囲の差など、実に様々な違いがあるので、どれを導入するかで、調査結果をはじめとする様々な状況が変わることもありえます。より自分たちの目的にふさわしい製品を選べるように、気になった商品があれば、必ずメーカーの方と話をするようにしましょう。自分で調べられないこともきちんと回答してもらい、納得できる機材の導入を目指しましょう。



更新時に注意



普段どれだけ大事に使っている製品であっても、使い続けていればいずれは劣化していき、最終的には破損してしまいます。重要なデータを調査する機材が壊れてしまうと、それこそ取り返しの付かない事態に発展することもあるので、ある程度の期間使った機材については、一定の期間が経ったら交換を検討したほうが、いざというときのトラブルのリスクを減らすことができます。例えば温度センサーは、様々なものの異常を察知するための機材として非常に活躍してくれますが、新しい温度センサーを導入する際は、必ず規格の違いに注目するようにしてください。

温度センサーには様々な種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。例えば温度を測るための抵抗値ですが、一般的な抵抗値とされるPt100以外の規格が使われているものもあるので、特に新しい製品を導入する際は、抵抗値が前回使っているものと同一のものを利用するか、抵抗値の変更に合わせて、更新作業を行いましょう。特に古い製品を今まで使っていたという場合は、最悪の場合機械の故障につながることもあるので、必ずスペックを確認したうえで更新作業を行ってください。

Pt100は現在日本のほとんどで使われている規格とされていますが、まだ更新されていない機材もありますし、以前導入した古い機材が残っており、そちらを利用するという方もいます。より正確な調査をするためなら、より正確な調査ができる方法が望ましいのでなるべくなら新しい機材を導入したほうが良いでしょう。もちろん更新作業には手間取りますが、将来的には様々な更新が行われ、余計に手間が増えることもありえるので、段階的に古い機材は更新していったほうが、結果的には作業効率のアップなどにつながるかもしれません。



メーカーによる違いは



温度によって得られる情報は非常に様々で、時には大きなトラブルの防止に役立てることができます。例えば使用している機材の温度が急激に高くなったときは、何かのトラブルが発生している可能性が高いと、即座に対策に乗り出すことができますし、水温の上下の度合いでこれから先の気候などに影響が出るか調査するなど、様々な温度の違いは、それから先のトラブルを防ぐ上で必ず必要となります。温度センサーによる調査をしたいときは、違うメーカー温度センサーの中には、他のメーカーよりも優れた面がある商品も見られるということを念頭において、より使いやすそうなものが無いか探してみましょう。

温度センサーの違いは様々な形で現れますが、やはりメーカーによる差は大きく、どこの製品を購入するかで、観測結果まで変わることがあるといいます。例えば抵抗値ですが、今ではほとんど抵抗値は100Ptになっていますが、古い規格で変更がされていないものもありますし、まったく違う方法で温度を測ることもあるので、どの製品を購入するかどうかは、使用目的と性能を考慮したうえで、最も正確な結果を出してくれると思われるものを選びましょう。

温度センサー選びは簡単というわけではありませんが、どのメーカーも非常に優秀ですので、各製品ごとの特徴をきちんと把握した上で、より適切なものを選ばなければなりません。ネット上には各メーカーの公式サイトが公開されているので、そちらで紹介されている製品のスペックなどを調べておくと良いでしょう。またそれほど多くはないかもしれませんが、実際に利用した方の口コミ情報なども、あれば必ずチェックしておいて、よりふさわしい製品が無いか探してみてください。





次の記事へ


Copyright © 2015 Fieldpro, Inc. All Rights Reserved.