コラム (4ページ目)

雨による被害を減らせる雨量計のセンサー
日本には、春雨や秋雨、梅雨など、雨が降りやすい季節があります。 また、夏から秋にかけてのシーズンには、大雨を降らせる台風が南からやって来ます。 ここまでの気象現象は、日本では昔から毎年のよ……

気象観測における雨量計
気象観測を行う上で降水の観測は欠かせません。降水を観測するためには雨量計を用います。この計測具のうち、簡易なしくみのものには大きく分けて2種類のものがあります。簡易型雨量計と転倒ます型雨量計です。 ……

湿度計にはセンサーが付きで記録できるものもある
湿度を計測したい場合、通常なら簡易型のものや今ではデジタル時計などにその機能を備えているものが数多くあります。ですが、本格的に測りたい場合このような簡易型では正しい測定はできません。 さらに……

湿度の記録について
湿度計と呼ばれるものにはいくつかあります。典型的なものが室内用の赤い水銀柱が2本設置されたもので昔からあります。温度計と湿度計のそれぞれの値の差から湿度を測定していきます。水銀は温度の上昇とともに膨張……

気象現象をセンサーで監視できる気象観測システム
日本では近年、異常気象が原因とみられる自然災害が多発しています。 特に増えている自然災害が、河川の氾濫による洪水です。 集中豪雨や長時間雨が降り続けると、河川の水位は一気に増水します。 ……

気象観測と監視データの記録
 気象観測では周囲にある様々な気象現象を計測し、そのデータの記録とその後の気象予報に用います。計測する内容は様々で、気象庁は全国の約1300ヶ所に配置したアメダスなどの監視システムを用いて、降水量・気……

センサーがセットになった気象観測システムを選ぶポイント
異常気象の増加により、気象観測システムを導入する団体が増えてきました。 それに伴い、様々な気象観測システムも登場していて、普及しています。 しかし、機器にとって一番大切なことは、信頼性です……

気象観測とシステムについて
気象観測とは、主に気象に関係した現象を観測することを全般的に指します。現在では技術が進歩しているため、いろいろな道具やシステムを使うことで様々な方法で気象観測を行うことが出来ます。 この気象……

再生エネルギーに欠かせない気象観測センサー
気象観測システムには、温度と湿度を測る温湿度計、風の強さを測る風向き風速計、太陽の光を計測する日射計、降った雨を計測する雨量計の気象センサーと、それらの情報を記録するデータロガー、電気を供給する電源が……

日常的に使われている気象観測計
気象観測に必要な装置として、まず雨量計があります。一般的に使われている雨量計の種類は二つです。貯水型タイプはビンに貯まった雨をシリンダーへ移して、どれぐらい雨が降ったのかはかります。 転倒ま……

湿度を記録して特質を知ることの意味
毎日の生活の中で天気や気温は天気予報で知ることができますが、湿度といったものは自分で測るしかありません。もっとも普通に暮らしているとその必要性まではなく、それゆえ測ろう、記録しようとすることはあまりな……

温度計測と記録について
 気象観測において温度の計測と記録は基本的な評価項目であり、重要な要素のひとつです。一般的に、感温部の物性変化を利用して計測を行います。日本では法令によって計測機器の性能が定められており、水銀を利用し……

温湿度計センサの特徴と用途に合わせた入手
温湿度計はその名の通り、温度と湿度を計測する事が出来る機能を持っています。 一般的な温湿度計は、温度と湿度でセンサが分けられているので、必ずしも二つの値が正しく連動する保証はありません。 ……

湿度計センサの特徴について
 湿度計は湿度を計測する機器で、日本の気象観測においては相対湿度を取り扱います。測定機器にも複数の種類があり、乾球温度と湿球温度の二つの計器の温度差から求める乾湿計や吸湿剤の電気特性の変化をセンサで計……

被測定物によってセンサ形状が変わる温度計
気温や体温など温度によって状況を判断する場面は多くあります。温度計は計測器の中で最も身近で、幅広い分野で使われているものです。温度計といっても測る対象によってさまざまな種類があります。たとえば体温を測……

ハンディな風速計の特徴
風速計は、単に気象観測用としてだけではなく、家庭用電気製品などあらゆる分野で使われています。気象観測用が固定式であるのに対し、電気製品のメーカーの技術者が使うものはハンディタイプです。 ハンディ……

風速計とは?そしてその仕組みとは?
風速計とは字のごとく風速を測る機器のことです。この仕組みは種類によって異なりますが、基本は風によって本体が回転をすることで、その回転のために用いている発電機やフォトインタラプタなどのカウンタが電気信号……

風向風速の記録のとり方とは
最近では気象庁などの気象観測網と情報通信機器、気象衛星の性能が向上しつつあります。そして風速や風向を含めたある程度局地的な状況を知ることができつつあります。 しかし、まだ定点の網の目が粗く、その……

超音波なども利用可能な風向風速計の利用
天候などを調査している機関などがあり、様々な研究機関から一般的な業務を行っている方まで、幅広い方々に天候を調査するような場面が用意されています。 天気予報を伝えるような機関の場合では全ての天候を把握……

風向風速計の特徴とその用途
風向風速計は、その名の通り風向きと風速を計測する装置であり、主に測候所や飛行場、塔や山岳部・山頂などに設置されます。陸上競技場などでは、手持ち式のものが用いられ、いずれも計測に使用されます。 ……

風向風速計の機能と使い方
建設現場などには必ず風向風速計が取り付けられています。建設工事では高いところでの工事は、風向き、風の強さが非常に気になります。 このため、時々刻々と変わる風向、風速を監視する必要があるわけですが……

太陽光発電計測システムの特徴
太陽光発電計測システムというのは一日あたりの日照時間・日射量を計測する機器です。 センサーの作りや計測の精度はコストによってさまざまで、行政向けや産業に使用するものであればかなり正確に計測する必要が……

安定収益のための太陽光発電計測
地球温暖化など解決策の一つとして自然エネルギーが広まっています。 風力、波動、地熱などさまざまありますが、身近なものでは太陽光発電があります。 屋上や屋根、壁面など空いている場所を有効利用してパネ……

水位計の特徴について
水位の計測は河川・地下水・海面といった自然の中にあるものだけではなく、上下水道・農地・工場などに存在する用水にも用いられており、正確な計測と推移管理が大変重要な観測量になります。使用される場面が多種多……

水位計の種類と使用される場面
水位計による水位観測は、河川上流域から河口まで、また地下水脈や湖・池・沼、そして海という自然の水位だけでなく、上水道・下水道、そして工業用水や農業用水、工場や工事現場といったように、人の手によって作ら……

大気圧を計測する気圧計の特徴
 気圧計は大気の圧力を計測するための機器で、用途に応じて様々な種類・原理の計測器が利用されています。気圧は低気圧や高気圧といった天候を大きく左右する要素を直接計測するため、気象観測においても重要な項目……

気象観測における気圧計について
気圧は天気と密接に関係します。気圧が下がっていくということは低気圧が周辺に近づいていることを意味します。その逆に気圧が上昇していくと高気圧が接近しつつあることになります。 こうしたことは定点での……

土壌水分計を使って毎日を快適に
土壌水分計をご存知でしょうか、大半の人はせいぜいが聞いたことがあるくらいで、実際に持っている、使ったことがあるという人は少ないはずです。それでは簡単にどういった用途に使用するのかを説明すると、名前から……

日射計の特徴と使用される場面
「日射計」という単語を聞いて、すぐに思い浮かぶ方は少ないかもしれません。日射計は、太陽から放射されるエネルギー量を測定するための機器で、単位時間・単位面積あたりの数値を検出します。 検出する素は……

日射計の種類について
日射計というのは日射の強さを測定するための機械です。太陽から放射され発生した熱を測定することで調べるのです。 日射計で調べる日射量には直達日射量・散乱日射量・全天日射量があります。 直達日射量……

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ


Copyright © 2015 Fieldpro, Inc. All Rights Reserved.